視力低下のため眼科でワックとミドリン

子供が小学生の時、視力が落ち始めました。視力低下が認められて以降、姿勢に気をつけたり、ゲームやテレビの時間を減らしたりできる限りの対策はしましたが更に悪くなってきました。両親ともにメガネなので遺伝なんだろうと思いました。でもただ視力が悪くなっていくのを様子を見るという形で待つのは耐えられず何かできることはないかと兵庫の病院ならいたみホームクリニック眼科で相談しました。するとあまり効果は期待できませんがと前置きをした上で夜、就寝前にミドリンという目薬を差すこととワックという望遠鏡のような装置を覗き、映し出されたものを見て目の緊張を取り除くという2つの方法を提案されました。
初めて聞く城東区の皮膚科・内科といったらやるだけやってみようと子供と私の意見が一致して毎晩ミドリンという目薬を差し、週に2日ワックのために眼科,大阪の病院なら生野愛和病院に通い始めました。しばらく視力は上がることはありませんでしたが低下もしなかったのでこのまま今の視力を保ってくれたらいいなと期待しながら続けていました。

ところが1年経った頃やはり少しずつ低下し始め、勉強もしなければならない状況になり目のことだけを考えているわけにいかなくなりました。とうとう諦めてメガネにすることにしました。
その後子供も忙しくなりワックに通うこともなくなり目薬を差すこともなくなりましたがミドリンとワックがどれだけの効果があったかはわかりません。でもただ様子を見ることができずにいたのでこれで気休めになったことは確かだと思います。
ドクターとの相性はいろいろです。
クスリについて一々意見が合わないドクターも居られます。
「○○が欲しいんだけれども」と薬の名前を出しますと、「それよりもこっちが良いですよ。」と絶叫されるドクターも存在します。
大変です。ちょっと薬の名前をだしただけでヒステリックに叫ぶドクターにはうんざりです。
ドクターのプライドは高いですから、それを刺激せずに希望の薬を手に入れるのは至難の業と言っても良いでしょう。
必要ない薬は家に有ってもしかたありませんから。
わかっていましても、自信が高熱で対応能力に低下がみられます時には、しょうもない薬をもらって来てしまいます。
先日は薬だけで、うがい薬やトローチ目薬など必要ない物までつけられてしまい、5000以上支払いました。病院代も加えますと7000円くらいかかってしまったのです。
つらいです。元気な時ならば、抗生物質と痛み止めだけもらって、他の薬は必要ないとはねのけられたでしょう。5000円の無駄使いでした。

お家の見直ししま専科
|工務店向け集客ノウハウ|英語上達の秘訣
|アフィリエイト相互リンク
|初値予想|女性の人生|心の童話|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|マッサージのリアル口コミ.com
|ショッピングカート|家計見直しクラブ|貯蓄|JALカード
|心の童話|女性向けエステ.com
|